ADHD サプリ 子供

子供のADHDにお悩みの方へ

子どもの成長を見守る中で、お母さんやお父さん、子育てをする側は
子供のちょっとした変化にも目を向けていきたいものですよね。

 

そんな中で、ADHDといったものをご存知でしょうか?

 

ADHDとは一言でいえば「注意力の障害」といった発達障害のことを指します。
発達障害と言っても、ADHDは子どもの成長とともに落ち着いていくことがほとんどで、
仮にADHAと診断されたとしても、子どもの成長を見守りながらゆっくりと症状が緩和されていくのを経過観察していければいいのですが、
そうは言ってもより早く改善するために何か良い対処法はないのか?と思うところ。
今回は、そんなADHDに効果的なサプリメントをご紹介!
ADHAについての詳細や、ADHAの改善に効果的なサプリメントの詳細までをまとめてみましたので、さっそくご覧ください!

 

【ADHDとは?子どもにかかりやすい?】

ADHDとは、注意欠陥・多動性障害のことを指します。

 

症状としては集中力の欠陥があげられ、
・注意力が足りない
・じっとしていられない
・物事を考える力が欠如している

 

などといったことがあげられます。

 

子どものころにかかる事があることで知られ、
おもに7歳〜12歳といった年齢にかかる可能性があり、
特に7歳以前に症状が現れ始め、
その状態が続くことで中枢神経に機能不全が
あると考えられています。

 

近年では大人でもADHDと診断されるケースが増えており、
学業や仕事などに支障をきたしてしまうといった点で
問題視されています。

 

【ADHDのタイプや特徴】

▼不注意

・整理整頓が困難
・忘れやすい(話しや物など)
・注意力が長く続かない
・普段は集中しずらいが、自分の興味のあることには
 物凄い集中力を出す

 

一概に必ずとは言えないものの、女の子に多いと言われています。

 

▼多動性・衝動性

・何気ないことでも大声をあげることがある
・自分の話ばかりする
・落ち着きがなく、すぐに立ちあがって歩き回ろうとする
・乱暴にものを扱ってしまったりと、反抗的に見られがち

 

一概に必ずではないものの、男の子に多いのが特徴の一つです。

 

▼混合型

不注意や多動性、衝動性と言ったすべての症状が混ざり合ったタイプで、
その時に応じて出てくる症状が異なります。
ADHAと診断された際は、大体の確立でこのタイプと診断されることが多いそうです。

 

このように、一口にADHDと言っても3つのタイプに分類され、
重度もそれぞれに段階があります。

 

また、年齢によっても症状や特徴に違いが出てきます。

 

【年齢別ADHDの症状や特徴】

▼乳児

症状がわかりずらいことが難点。

 

(生後間もない乳児には、まだ学習能力等を発揮する力や機会がないため)
しかし、症状のわかりずらい乳児でも、
次のような特徴がみられた場合は注意してみてあげて下さい。

 

・視線が合わない
・抱っこを嫌う
・静かでいられる時間が少なく、落ち着きがない

 

▼1歳〜

・行動が荒々しくなる
・落ち着きがない
・じっとしている時間が少ない
・注意しても治らない

 

▼小学1年生〜

・何をしても不器用なケースが多い
・感情をセーブ出来ず、怒り散らしてしまうことが多い
・物忘れが見られる
・注意力がなく、物事の興味が長続きしない
・友達関係が上手く築けない

 

▼中学1年生〜
・学力の低下(勉強をしなくなる)
・何事も他人と比べてしまう
・何事にも意欲が低下する
・不登校・引きこもりなどの行動が見られるケースも

 

中学生にもなると、周りの環境や目線、
また、物事の考え方やとらえ方を強く感じたり、
気にならなかった気にしなったりしてきます。

 

そのため、軽度のADHDでも次第に症状が悪化し、
学校にさえ行けなくなってしまうなどの不登校も
見られることが少なくありません。

 

また、薬の服用を嫌がるようになったり、
自分の意志があるため親や医師の指示に反して
勝手に服用量を多くしたり、少なくしたりしてしまいます。

 

このように、ADHDには様々な特徴や、
年齢に応じた症状などがあることがわかりました。

 

これらの症状が本当にサプリで改善することが出来るのか、
ちょっと疑問ですよね。

 

しかも、子どもが安心して飲めなくては意味がありません。

 

そこで、ADHDの改善に効果の期待がもてるといった点と、
尚且つ子どもも安心して飲めて子どもにも効果がある、
といった2つの点を重視したサプリメントを探してみたところ、
以下のようなサプリメントがあることが明らかに。

 

【コドミンとリパミンPS】

ADHD改善に効果があることで知られているコドミンとリパミンPS。
この2つのサプリメントですが、具体的にどのような成分が配合されていて、
どういった効果があるのでしょう?双方を詳しく見ていきましょう。

 

≪コドミン≫

コドミンとは、ADHD障害を持つお子様のために
少しでも何かできないかという、お母さんお父さんの気持ちに答えるべくして
作られたADHD改善サプリメント。

 

大豆由来のホスファジルセリン(PS)成分が
スムーズな情報伝達をサポート!

 

子どもの落ち着きや集中力強化に役立ちます。

 

子どものために、これ以上どうしていいかわからない、
何が起きてしまうかと毎日不安を感じている、
育て方が悪いのではないと自分を責めてしまう・・
理解してもらえないのではないかと、人に相談しずらい・・・など、
そんな不安を抱いている方におすすめしたいサプリメントとなっています。

 

◎コドミンの効果とは?

・落ち着きを取り戻してくれる
・授業中などの集中力を強化
・落ち着きを取り戻すことで、友人関係を改善

 

◎口コミについて

●コドミンを飲んでから、授業中立ち上がってばかりと
 言われてしまっていた息子の落ち着きが改善されました。

 

 今では静かに授業を受けていられるようになりました。(aさん)

 

●ちょっとしたことで感情的になる子どもの症状に悩まされていました。
 コドミンの効果からか、最近は様子が穏やかになって、
 感情的になることも少なくなりましたよ。(bさん)

 

●落ち着きがないことが理由で、友達付き合いが
 上手く出来ていなかった息子ですが、
 コドミンを飲んでからは友達付き合いが改善されて、
 今では公園などで仲良く遊んでいる姿が見られるようになりました!(cさん)

 

◎配合成分

コドミンには大豆由来のホスファジルセリン(PS)という成分が配合されています。

 

ホスファジルセリンとはリン脂質の一種であり、
大豆からわずか0.003%しか抽出することの出来ない貴重な成分となっています。

 

ホスファジルセリンには子どもの落ち着きや集中力を高めてくれる効果があり、
ADHA改善に最適の成分!

 

そんなホスファジルセリンが、このコドミンには1粒に100mgも配合されています。
1日3粒の服用が目安となっていますから、
1日にして300mgもの摂取が可能ということに。

 

また気になる副作用ですが、大豆に微量ながら含まれているということもあり、
調べてみたところ特に危険な成分ではありませんし、
副作用による心配もまずありません。
(ただし、アレルギーをお持ちの方や過剰摂取にはご注意を。)

 

そして気になる適応年齢ですが、コドミンは薬とは異なりサプリメントであるため、
何歳にならないと飲めない、などといった決まりは特にありません。

 

ということは、何歳からでも飲むことが可能ということになりますが、
ただし、乳幼児などはまだサプリメントを飲む力は低いですから、
離乳食などを終えて普通の食事等が出来るようになっている
【3歳頃】からの服用が望ましいと言えるでしょう。

 

≪リパミンPS≫

リパミンPSとは、子どもの落ち着きや
不注意などの改善に着目して作られた、
ADHA改善サプリメント。

 

子どもの集中力等をサポートするホスファジルセリンを中心に、
子どもの成長に嬉しい様々な成分が配合されているのが特徴的です。

 

◎リパミンの効果とは?

・集中力強化
・子どもの落ち着きを改善
・イライラやストレスを改善

 

◎口コミについて

●日々トラブルを起こす子どもの行動に悩んでいました。

 

 リパミンPSを試してからは子どもに落ち着きが見られるようになり、
 トラブルも減りました!(Aさん)

 

●イライラしがちな4歳の息子に飲ませています。

 

 以前はイライラなどからのストレスで笑顔の少なかった息子ですが、
 リパミンPSを飲んでからというものの、笑顔が格段に増えて、
 友達とも楽しく遊ぶ姿が見られるように!(Bさん)

 

●子どもの注意力の無さを学校の先生に
 定期的に話されるのが悩みでした。

 

 リパミンPSは子どもに嬉しいビタミン成分も入っていて、
 効果を感じられるのも早かったので、
 今でも継続して飲めています!(Cさん)

 

◎配合成分

ホスファジルセリン/L-ロイチン/L-トリプトファン
ビタミンB6/ビタミンB12/葉酸

 

副作用についてですが、リパミンPSには安全な成分しか配合されていないため、
副作用の心配なく、何歳からでも安心して飲むことが出来ます。

 

ただし、過剰摂取は身体に負担を招く恐れがありますから、
用法容量はしっかり守って服用して下さいね。

 

※基本的に決まった年齢制限はありませんが、
固形物の飲用が困難な乳幼児期は避けて、
2〜3歳からの服用を目処にしましょう。

 

このように、コドミンとリパミンPSには子どもの
ADHA改善に嬉しい成分がたくさん!

 

気になる販売店や購入情報についてですが、
楽天やアマゾン、公式サイトなどでの通販サイトが便利!

 

また、コドミン・リパミンPSともに通販専門商品となっているため、
ドラッグストアや薬局などの市販はされていないようです。

 

そして、通販サイトの中でも特にお得でおススメしたいのが、公式サイト!
今回は公式サイトの情報をもとに、購入情報を記載していきたいと思います。

 

【公式サイトによる双方の購入情報】

≪コドミン≫

通常価格・・・8,980円

 

とくとくコース(定期配送)・・・980円(初回89%off)
(2〜4回目まで3000円off/5回目以降は5000円off)
※定期周期変更自由!

 

●60日間返金保証あり!

 

コドミン公式サイトURL
http://mpj.jp/shopping/lp.phq?p=kodomin

 

≪リパミン≫

通常購入価格・・・3,000円
定期購入価格・・・2,700円(1袋)

 

リパミン公式サイトURL
http://www.kensup.co.jp/lp/

 

以上、双方のサプリメントともにADHA改善に期待が出来ることがわかりました。

 

コドミンは価格帯が非常にお求め安くなっているため、
まずは試してみたい・・という方が気楽に試せる商品としておすすめですし、
リパミンPSは価格自体はコドミンより高いものの、
その配合成分の豊かさから子どもにビタミンや葉酸も
同時に摂取させてあげたい方におすすめ。

 

それぞれの目的に合わせて、ADHD改善サプリメントを試してみて下さいね!

 

こちらのサイトもご参考に!【ADHDサプリの効果検証サイト