ADHD サプリ 子供

ADHDの子供の症状について詳しくまとめました!

子供のADHDの症状は「子供特有の行動」でもある為に
大人のADHD以上に慎重に判断をする必要があります。

 

ここでは代表的な子供のADHDに見られる症状について解説します。

 

ADHDの症状1:落ち着きが無い、じっとしいられない

 

ADHDの子供の症状で最も代表的なものは、
「落ち着きが無い」「じっとしていられない」という事です。

 

自分の内側から溢れてくる欲求に対して
素直に応じたくなるのがADHDの子供の特徴ですので、

 

「あれをしたい」

 

「あそこに行きたい」

 

「今すぐしたい」

 

「今すぐ話したい、聞いてほしい」

 

といった様に、自分の望んだことをその場ですぐ実行したがります。

 

そして「自分の興味が沸かない事」に関しては集中することが難しく、
かつ「したくない」という意識がはっきりとしています。

 

ですので、我慢をして嫌なことをこなすという「自分を律する行動」が取れず、
ソワソワしたり、歩き回ったりと一見すると「勝手な行動」が目立ってきます。

 

ADHDの症状2:空気が読めない、一方的な発言が目立つ

 

ADHDの子供は「自分自身に素直過ぎる」為に
「周囲と自分のバランス」を保つことが苦手です。

 

いわゆる「空気を読む」という日本人が習慣化している
無言のコミュニケーションが苦手なのです。

 

その為、「答えがわかった」時点で相手の発言を最後まで聞く事が
苦痛となります。

 

相手の発言が終わる前に相手を遮る形で答えてしまう事も多いです。

 

質問に答えるという点では実に効率的なのですが、
相手からすればただ「自分の発言に被された」だけの話に
なりますので相手に不快感を与えてしまいます。

 

これは、自分の話したい事を
とにかく聞いてほしいという気持ちが強く前に出過ぎた結果です。

 

本人には悪気はないのですが、
人間関係を円滑に進めていく上で障害になってしまう事が多いです。

 

ADHDの症状3:忘れもの、うっかり忘れが多い

 

ADHDの子供は「うっかり物忘れ」「忘れ物」が多いのが特徴です。

 

学校生活の中で見られる忘れ物では、

 

連絡帳を保護者に渡すのを忘れる

 

保護者に向けたプリントを渡すことを忘れる

 

習字の道具、布巾などのイレギュラーな持ち物を忘れる

 

筆箱や定規などの道具を忘れる

 

ハンカチを何処かに忘れてくる

 

等の、本当に「ちょっとした注意で防げること」の忘れ物が多いです。

 

これはADHDの子供は「自分の関心がある物事」に対して
意識が集中している為に起こりやすいもので、
どうしても「自分が関心のない用事」については注意が向きません。

 

その為に起こる「ケアレスミス」と言えるでしょう。

 

ADHDの症状4:激しい駄々をこねる

 

子供のADHDでは子供の駄々のこね方が激しいです。

 

欲しいおもちゃがある。

 

買って欲しいお菓子がある。

 

どうしても行きたい場所がある。

 

どうしても今これをしたい、見たい。

 

こういった自身の欲求を辛抱する事が辛く、我を通そうとします。

 

これらの行動は「駄々をこねる」という子供に見られる自然な行動ですが、
ADHDの子供の場合は「程度が激しい」のが特徴です。

 

床に寝そべる、

 

手すりにしがみつく

 

大きな声で叫ぶ(金切り声)

 

その場にいる保護者が困ってしまうレベルの駄々をこねます。

 

そして、保護者の注意、叱責が火に油を注ぐ形になり、
余計エスカレートしていくのも特徴の一つです。

 

以上、代表的な子供のADHDの症状について解説しました。

関連ページ

ADHDはサプリで改善できる?どんな種類がある?子供におすすめのサプリは?
子供のADHDはサプリで改善することができる?子供が安心して飲めるサプリとその効果、口コミについて詳しくご紹介していきます。
ADHDの子供のチェック方法は?
子供のADHDのチェック方法は?どんな方法でチェックすればいいの?
ADHDの子供への正しい対応、接し方はどうすればいい?
子供のADHDはサプリで改善することができる?子供が安心して飲めるサプリとその効果、口コミについて詳しくご紹介していきます。
ADHDは何歳から発症する?
子供のADHDは何歳から発症するのか?不安な親御さんのために詳しく調べてみました!
ADHDと食事の関係性について
子供のADHDはサプリで改善することができる?ADHDと食事の関連性についてまとめてみました!