ADHD 子供 何歳から

子供のADHDは何歳から発症するの?

ADHDは何歳から発症するものなのか。
少し落ち着きのない我が子を見ながら
不安になっている親御さんは多いと思います。

 

そこで、今回は「ADHDは何歳から発症する障害なの?」
というテーマでADHDと年齢についての解説をします。

 

ADHDの発症年齢について

 

まず、ADHDは現時点では「画像診断」「血液検査」等による
明確な「診断基準」がありません。病気ではなく「障害」となります。

 

その為「未熟な子供特有の動き」が目立つADHDは
「いつから始まったか」という線引きが非常に困難となります。

 

就学前の保育園児や幼稚園児に
「ADHD」のチェックに当てはまる子供が多数いるという事はそういうことです。

 

ある意味、皆最初は「ADHD」を疑われる状態なのです。

 

発症というよりも「おさまらない」事が問題となるADHD

 

ADHDの問題の本質は「何歳から発症する」
という見方では見えてきません。

 

ADHDを診断する為の基準は
「年相応の行動の変化と成長が見られない」事で
見えてくるのです。

 

つまり

 

「落ち着きがない」

 

「人の話を聞かない」

 

「集中力が続かない」

 

等は、誰もが最初は「欠けている状態」で生まれてきます。
それが普通の「赤ちゃん」です。

 

その「赤ちゃん」のまま年齢を重ねていった場合に
「ADHD」という診断が下ります。

 

文部科学省の見解から読み解くADHD

 

文部科学省が定義するADHDは

 

「ADHDとは〜中略〜7歳以前に現れ、
その状態が継続し、中枢神経に何らかの要因による
機能不全があると推定される。」

 

となっています。

 

症状自体は7歳以前に現れる

 

その状態が継続する

 

中枢神経に何かしらの要因による機能不全

 

ここからもわかるように、ADHDは
「7歳以前では起こるのは普通」であり、
問題は「その状態が継続」することなのです。

 

状態が継続していなければそれはADHDではありません。

 

7歳以降、つまりは就学した後に尚、
状況が改善されていない・成長が見られないという場合に
「これはADHD」という診断の基準が満たされるのです。

 

つまりADHDと疑われる症状自体は
就学前の段階から出ているが、それがADHDなのか、
子供特有のものなのかは就学してから初めてわかると言うことです。

 

少しややこしい内容になりましたが、
簡単にまとめますと以下の通りとなります。

 

ADHDを疑われる症状は就学前から出るが、
その具体的な年齢は検討されていない。
※自閉症などは3歳までに兆候が出るとされている。

 

ADHDの診断は文科省の定義でいうなら「7歳」から可能となる。
それ以前は「可能性を疑う症状」となる。

 

結論:ADHDの診断は7歳以降で可能となるが、
実際の発症は就学前でも十分にありえる。

 

という事です。

 

就学前の子供の様子からは「ADHDを疑う」事まで
しかできないということです。

 

以上、ADHDの発症年齢についての解説でした。
ご参考にしてみてください。

 

引用元:http://www.mext.go.jp/a_menu/shotou/tokubetu/004/008/001.htm

関連ページ

ADHDの子供の症状について!
子供のADHDはサプリで改善することができる?子供が安心して飲めるのは?ADHDの子供の症状について詳しくまとめました!
ADHDはサプリで改善できる?どんな種類がある?子供におすすめのサプリは?
子供のADHDはサプリで改善することができる?子供が安心して飲めるサプリとその効果、口コミについて詳しくご紹介していきます。
ADHDの子供のチェック方法は?
子供のADHDのチェック方法は?どんな方法でチェックすればいいの?
ADHDの子供への正しい対応、接し方はどうすればいい?
子供のADHDはサプリで改善することができる?子供が安心して飲めるサプリとその効果、口コミについて詳しくご紹介していきます。
ADHDと食事の関係性について
子供のADHDはサプリで改善することができる?ADHDと食事の関連性についてまとめてみました!