ADHD サプリ 子供 チェック

子供のADHDはどのように診断をされるのか?

子供のADHDの診断については慎重な診察が求められており、
初診ですぐに「ADHDですね」と診断がおりるものではありません。

 

実際に子供の様子を確認し、保護者からは子供の日常生活の様子や
学校での様子などを慎重に問診し、最終的に診断を下します。

 

ここでは専門医から確認されるADHDの診断要因となる
幾つかのポイントについて解説をします。

 

ADHDの子供のチェック方1:家庭での様子

 

ADHDの子供が家庭でどのような生活を
送っているのかが重要なポイントとなります。

 

・親の話を最後まで聞かない

 

・話の途中で関心が他に移る

 

・近い距離で話しかけても耳に入っていない(上の空)

 

・注意されている事を自覚しているが、最後まで話を聞けない

 

・遊んでいても、すぐに他のおもちゃに目移りする

 

・親との約束事をその日のうちに忘れる

 

ADHDの子供にはこのような特徴が見られ、
それが「時々」ではなく「毎日」の生活習慣として出ています。

 

ただし、これは就学前の元気な子供には
少なからず見られる特徴でもあるので、
この様子にあてはまるからといって「うちの子もADHDかも?」
という判断をするのは早計です。

 

ADHDの子供のチェック方2:学校での様子

 

ADHDの診断には学校生活での様子も
非常に重要な指標となります。

 

・友達との会話のキャッチボールが成立しない

 

・相手の言葉に自分の言葉を被せてしまう

 

・言う事がコロコロ変わると思われる

 

・連絡帳やプリント類を良く忘れる

 

・運動が極端に苦手

 

・授業中に椅子に座っていられない

 

・先生の質問の意味を理解できない時が多い

 

・遠足などで列を乱しがち

 

集団生活を学ぶ場である学校において、
上記の様な様子が見られるかどうかも重要なポイントです。

 

ADHDの子供は「枠に収まる行動」が特に苦手です。

 

最初は辛抱できますが、徐々に「型通りの行動」が辛くなり
自分勝手な行動が目立つようになります。

 

ただ、小学校に入学したての時はこのような振る舞いをする
子供は少なくありません。

 

特に保育園から入学してきた子供は机に座りっぱなしの生活は
初めてですから特にその傾向があります。

 

ですので、ADHDの可能性を考えるのは少なくとも
入学から2〜3か月は経過してからが良いでしょう。

 

以上、家庭での生活から学校生活におけるチェック項目を簡単に紹介しました。

 

日本人はADHDに少し敏感になっている節がありますが、
医療の現場では就学前の子供ならADHDチェックに

 

複数当てはまるケースが多々ある事は常識です。

 

ですので、チェック項目に当てはまるからといって
「うちの子もADHDなのかな?」と不安になる必要はありません。

 

集団生活の規律、人間関係の距離感などは基本的には
成長と共に学んでいくものですので、
あくまでADHDと診断をされるのは
「その点において成長が見られない」という場合に限ります。

関連ページ

ADHDの子供の症状について!
子供のADHDはサプリで改善することができる?子供が安心して飲めるのは?ADHDの子供の症状について詳しくまとめました!
ADHDはサプリで改善できる?どんな種類がある?子供におすすめのサプリは?
子供のADHDはサプリで改善することができる?子供が安心して飲めるサプリとその効果、口コミについて詳しくご紹介していきます。
ADHDの子供への正しい対応、接し方はどうすればいい?
子供のADHDはサプリで改善することができる?子供が安心して飲めるサプリとその効果、口コミについて詳しくご紹介していきます。
ADHDは何歳から発症する?
子供のADHDは何歳から発症するのか?不安な親御さんのために詳しく調べてみました!
ADHDと食事の関係性について
子供のADHDはサプリで改善することができる?ADHDと食事の関連性についてまとめてみました!