ADHD 子供 対応

ADHDの子供への正しい対応、接し方はどうすればいい?

発達障害に含まれるADHDは見た目は
「躾のなっていない子」「落ち着きのない子」に見えてしまう事もありますが、
あくまで脳神経の働きに問題があって起こる障害の為、
本人に悪意があっての行動ではありません。

 

その為、脳神経の働きが正常な人間の物差しで指導してしまうと
ADHDの子供を追い詰めてしまう事になりかねません。

 

そこでここではADHDの子供への対処に仕方について解説します。

 

ADHDの子供への正しい対応1:まず周囲の大人がADHDを理解する事。

 

ADHDの子供への正しい対応の第一歩。
それは間違いなく「周囲の大人がADHDを理解する事」に他なりません。

 

・ADHDという障害はどのようなものなのか。

 

・ADHDという障害は身体にどのような事が起こっているのか。

 

・ADHDの子供はどんな悩みを抱えがちなのか。

 

ADHDで一番悩み苦しむのは親ではなく子供です。

 

ですので、子供の悩みや苦しみが少しでも軽くなる様に、
周囲の大人がまずはADHDについての知識と情報を集め、
共有することで本人を支えてあげましょう。

 

ADHDの子供への正しい対応2:「できない事」を叱らない。

 

ADHDの子供は「したくてもできない」
「辛抱できない」という状況に多々遭遇します。

 

これは保育園や幼稚園、小学校といった集団生活を学ぶ場が
「ADHDの子供も一緒に学ぶ」という事を想定していないからです。

 

基本的に「脳神経の働きが正常な子供」が前提の環境となっているのです。

 

ですので、ADHDの子供が「自由時間以外」の集団生活に

 

時に馴染めなくなるのは当然の事です。

 

それを「皆はできている」「ああしなくてはいけない」と杓子定規にあてはめて叱る事は避けましょう。

 

ADHDの子供の居場所を奪う行為になってしまいますし、
ADHDの子供を「否定」する事になってしまいます。

 

ADHDの子供への正しい対応3:「できたことを褒めて伸ばす」習慣をつけよう。

 

ADHDの子供は「自分が関心の無い事」に対しては集中力の維持が困難です。

 

ですが、自分が関心のある事に関しては非常に優れた能力と
集中力を発揮するケースが多いのも事実です。

 

ADHDの子供は周囲から誤解を受けて自己評価が低くなりがちです。

 

ですので、得意分野で輝こうとしている場合は「今度はあれもできるようになろうね」と
「できなかった事を引き合いに出す」のは止めて、
「すごいぞ!」と「できたこと」を認めてあげましょう。

 

それはADHDの子供にとって大きな支えと自信に繋がります。

 

ADHDの子供への正しい対応4:子供の個性を受け入れる事。

 

ADHDは脳神経の問題を抱えた障害だとされていますが、
一方では「個性」であるとする意見もあります。

 

ADHDの子供は「特定分野に輝く少数派」なだけです。
ただ多数派ではないだけなんですね。

 

ADHDの子供を持つ親は「他の子と同じように」と集団に適応する方向を
模索する事が多いですが、それは言い換えれば子供が持つ可能性に
蓋をしているようなものです。

 

それよりもADHDも「子供の個性」であると受け止めて、
本人が輝こうとする場所を一緒に探してサポートしてあげるのが一番良いでしょう。

 

以上、ADHDの子供への接し方についての解説でした。

関連ページ

ADHDの子供の症状について!
子供のADHDはサプリで改善することができる?子供が安心して飲めるのは?ADHDの子供の症状について詳しくまとめました!
ADHDはサプリで改善できる?どんな種類がある?子供におすすめのサプリは?
子供のADHDはサプリで改善することができる?子供が安心して飲めるサプリとその効果、口コミについて詳しくご紹介していきます。
ADHDの子供のチェック方法は?
子供のADHDのチェック方法は?どんな方法でチェックすればいいの?
ADHDは何歳から発症する?
子供のADHDは何歳から発症するのか?不安な親御さんのために詳しく調べてみました!
ADHDと食事の関係性について
子供のADHDはサプリで改善することができる?ADHDと食事の関連性についてまとめてみました!