ADHD 子供 食事

ADHDと食事の関連性ついて調べてみました!

ADHDは日頃の食卓にも原因が潜んでいるのではないか?

 

昔からそういった疑問は持たれており、
実際に多くの研究者がADHDと食事の関連について研究をし、
実際に発表もしています。

 

ただ、いずれの研究結果にしても「関連性がある」
とする研究結果もあれば「関連性が見られない」
とする研究結果も発表されており、
まだ「食事とADHD」に関しては医学的に決着がついていません。

 

どのような食べ物を食べたら良いのか、
という疑問への現時点での医学の答えは
「新鮮な野菜と果物を中心とした食事」というものです。

 

これはADHDに限らず「身体に良い食事」なんですね。

 

ですが、ADHDに関連が疑われる食品については様々な発表がされています。

 

そこで、今回はADHDと食事に関してのテーマで

 

「ADHDに関連があるとされる『食べてはいけない』食品群」

 

を紹介したいと思います。

 

食べてはいけないADHDと関連が疑われている食品について。

○砂糖

 

これはADHDだけでなく、「うつ」や「AD/HD(注意欠陥・多動障害)」などの
疾患・障害にも大きく関わっているとされています。

 

砂糖が良く取り上げられますが「糖質」全体が
ADHDと深く関わると考える専門家も多いです。

 

○合成着色料

 

海外では健康面への影響が疑われており、
規制が多くされているものの、日本では余り規制がされていない
合成着色料が挙げられています。

 

特に日本ではお馴染みのタール色素等が関連を疑われています。

 

赤色40号、赤色102号、黄色4号、黄色5号などが
ADHDとの関連を疑われており、
イギリスなどでは自主規制対象となっています。

 

現時点では日本は海外に比べると
かなり合成着色料の規制が緩いですので、
気になる方は世界基準をベースに調べてみると良いでしょう。

 

○人口調味料

 

アステルパームなどに代表される「人工甘味料」が
特にADHDとの関連を疑われています。

 

人工甘味料の多くは世に流通する様になってから日が浅く、
現時点ではまだ未解明な身体への影響があるとする研究者も多いです。

 

その一つとして「ADHD」との関連が疑われています。

 

どうしても気になる方は「蜂蜜」や「メープルシロップ」といった
自然の甘味料で代用をすると良いでしょう。

 

砂糖と違い単糖類ですので身体にもとても優しいです。

 

○グルテン

 

海外では砂糖以上にこのグルテンに対する注意が呼び掛けられています。
小麦などに含まれるタンパク質の一種です。
日本ではふくらし粉として利用されています。

 

グルテンは腸内フローラに対して悪影響を及ぼすとされているのですが、
実はこの腸内フローラがADHDと関連が深いと最近発表されました。

 

その為、アレルギー物質だけでなく
ADHDの関連物質としてグルテンも挙げられています。

 

日本ではまだADHDと食事に関する研究が進んでおらず、
主に海外で発表されている研究結果を中心に紹介をしました。

 

食事とADHDの関りについては今後の研究が待たれます。

 

以上、ADHDと関連が深いとされる食品についての紹介でした。
ぜひご参考にしてみてください。

関連ページ

ADHDの子供の症状について!
子供のADHDはサプリで改善することができる?子供が安心して飲めるのは?ADHDの子供の症状について詳しくまとめました!
ADHDはサプリで改善できる?どんな種類がある?子供におすすめのサプリは?
子供のADHDはサプリで改善することができる?子供が安心して飲めるサプリとその効果、口コミについて詳しくご紹介していきます。
ADHDの子供のチェック方法は?
子供のADHDのチェック方法は?どんな方法でチェックすればいいの?
ADHDの子供への正しい対応、接し方はどうすればいい?
子供のADHDはサプリで改善することができる?子供が安心して飲めるサプリとその効果、口コミについて詳しくご紹介していきます。
ADHDは何歳から発症する?
子供のADHDは何歳から発症するのか?不安な親御さんのために詳しく調べてみました!